PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

去年の今日は

たいぞうの手術を決めて申し込んだ日です。
今日の記事は長いのでお忙しい方はお暇なときに読んで頂けたら嬉しいです。

9歳を過ぎた頃からたいぞうは横っ飛びしなくなりました。

10歳を過ぎると、両手で顔を洗う位置がすんごく低くなり、
お耳をはさむ行為もうまくできなくなったので、
耳をはさみそうになると、あたしか相方が指で耳をはさみスライドして、
口元まで持っていってあげるようにしてました。

そういうことが、あたしの中で「老い」による腰のせいだと思ってしまってました。
確かにそれも一理あるんですけど、
人間でいうひじ(うさぎだと肩)に実は腫瘍が出来初めていたのです。

根元に近かったので外観からはあまりわからず、
ある日ナデナデしてるときに、「えええ?なんか右だけ腫れてる?」と気づきました。

二日後車で30分くらいのうさぎさんの名医に連れていきました。
そこで、もっともっと前から腫瘍が出来ていただろうと言われ、
また、ほおっておくと進行にもよるけど長くはないこと、
切除しても既に他の細胞に転移してるだろう、
10歳過ぎての初めての全身麻酔も簡単ではないこと、
頭を殴られたようなショックを受けました。
腫瘍の細胞だけを摂取することは不可能だと。

レントゲンから、腫瘍はミリ単位の小さいものを含めて複数あり、
腕ごと切断するか、腫瘍いくつかをとるか、治療しないかの3択でした。
先生はあくまでもわたしたちに選択を求めました。

答えを出せずに帰宅して、二日後別の病院に連れて行きました。

そこで先生も所見は同じでした。ただ、
「僕だったら、たいぞう君はお年にしては体力があるし、
うさぎは手を切断したらその後が苦しいし、手術で腫瘍の切除をしたい」とおっしゃったのです。

わたしたちはその選択をしました。先生を信じて。たいぞうの体力を信じて。

手術当日誓約書を書き、たいぞうを預けました。

8センチ切って、切除した腫瘍が大小合わせて11個。
でも・・・筋肉や皮膚(うさぎちゃんの皮膚は極うすなので)に腫瘍があり、
全て取り切ることは不可能だったそうです。
もろもろ手術費用は6万ちょっとでした。(その後の抜糸やら数度の検診も含めて)

術後、心配された麻酔の目覚めは完璧で!すぐにちんげんさい二枚たいらげました。
その日は病院に一泊して、翌日お昼に、カラーをつけて不機嫌なたいぞうをお迎えしました。
患部は10数箇所糸が縫い付けてありました。
先生も「我ながらうまく縫えました」と言ってました(笑)
先生を神様と呼びたかったです。

数日後、腫瘍の病理検査は悪性でした。転移も見られました。

もう薄い皮膚を再度切開することは無理です。
ここからたいぞうの頑張りが始まりました。今までも充分頑張ってたんですが。

081001_1620~01


次回に続く・・・(一年経って自分の中で忘れないうちに書き留めたい衝動に駆られています)
スポンサーサイト

| たいぞう | 17:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

9歳まで横っ飛びとは元気なうさぎちゃんだなぁ。

たいぞうくん、頑張ったのね。
辛かった事を言葉にするって体力が必要だから、
無理しない程度に、書いてくださいね。
 
森の中のステーキレポも待ってるよ~~(ジュルル)

| ころん | 2009/09/27 21:46 | URL | ≫ EDIT

たいぞう君のこと・・・闘病記もたいぞう君の兎生の一部だと思うので
ブログに書き留めておくこと、賛成です。
あたしもペコリが亡くなった後に一心不乱に書きました。
ボロボロ泣きながら。
闘病記も書くの辛いですよね。
思い出しながら書くんですから。
でも、記録に留めておく・・・大事なことだと思います。

たいぞうさんもそうだったと思うんですが、
たいぞう君の小さい身体に麻酔やらオペやら注射やら・・・
出来るなら代わってあげたい!ってやっぱり思いましたよね。
やっぱりたいぞうさんにとってはたいぞう君は可愛い息子やったやろうし、
あたしにとってはペコリは可愛い娘ですもんね。

ほんと可愛いわが子の為になんでもしてあげたい。
って、ほんとそう思います。

たいぞう君の日記・・・大切に読ませていただきます。

| トモリン | 2009/09/27 21:48 | URL |

たいぞう君が小さな体で頑張った時のこと
文章にするのはお辛いでしょうね。
拝読していて胸にくるものがあります。。。
でも、それと同時にたいぞう君は
ホントに大切にされての大往生だったんだなぁと
改めて感じています。
私もそうなった時、たいぞうさんのような行動が
ちゃんと取れるか、自信がありませんから。。。
良い先生と頑張ったたいぞう君の記録
心して読ませて頂きますね。

画像に文字ならペイントならアルファベットのAを
押したらボックスが開いて簡単に書けちゃうかと。
それか王道にマウスで文字を書くか(笑)。
ぼかしはスプレーになっちゃうのかなぁ?
私も普段は使わないソフトなので実は判ってません^^ゞ

| ニセぎり | 2009/09/29 16:05 | URL | ≫ EDIT

>ころんさんへ
ありがたいことだったとしみじみ思います。
9歳半まで「老化」を感じさせず、
数回の引越しもものともせず落ち着いてくれてました。
部屋放し飼いにしてからは、
休日の朝は別の部屋のうちらのベッドまで起こしにやってきました。
しかもいつも起きる7時20分くらいに!(あたしはもっと遅いです・・・)
そして毎朝相方と一緒にトイレに行ってそこでチッコするという仲良し度。
なんて頭のいい子かしら~と!(親ばか炸裂)
そんな楽しい思い出も書いていこうと思ってます~
(更新は週に一度ですが・・・><)


>トモリンさんへ
あたしもトモリンさんのペコリちゃんとのお別れのブログは
大泣きして読ませて頂きました。
トモリンさんみたく上手に文章が書けないので、
↑を読み返してもとっても事務的な感じですが、
心臓やら胃やら肺やら(自分でもどこかわからん)
全てが痛かったのは覚えてるんですけど。。

なんでもしてあげたかった・・・まさにその通りでした。
ただ選択肢(これから書きますが化学療法を選ぶかどうかとか)のあるものは
たくさんたくさん悩みました。
うさぎさんが口をきけたらどれだけいいか・・と思いました。


>ニセぎりさんへ
相方より大切でしたから(笑)!
文章にするのは今はそれほど辛くはないです。
辛くないというより、思い出すと悲しいし、
いまだに後悔やら胸が痛みますが、
「また会いたい」という気持ちが一段と強くなって寂しくなりますね。
たいぞうが亡くなったという事実は少しずつですが、
受け入れて理解している証拠なのでしょうか。

PCは以前はずっとバイオだったのですが、
金銭的な理由から初めてDELLにしたらですねぇ・・・
エクセルもワードもWMPやらなにやら、なーんも無いカラッポマシーンなわけですよ(笑)
Cドライブの280Gのうち20Gしか使ってません。



| たいぞう | 2009/10/03 12:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cielmakimaki.blog85.fc2.com/tb.php/20-96f1f593

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。