2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大きな穴の埋め方

たいぞうがいなくなって心に穴が開きました。

あさりがいなくなってまた、心に穴が開きました。

その悲しみや寂しさや後悔の穴は、
時間が解決したり、「こんなに悲しんでいたら虹の雨から抜け出せない」と、
思うようにして少しずつ埋めていくものだと、わたしは思う。

うさぎちゃんがいなくなって空いた穴は、うさぎちゃんでしか埋まらない。

そう思う人もいると思います。
うちの相方がそうです。

わたしには、その穴を無理に早く埋める必要がないようです。

例えば、その穴のせいでご飯も食べられない・会社も行けない・外に出られない・・・
そんな日が続いたら、心の治療が必要なのかもしれません。

あさりがいなくなって会社でもあさりのことばかり考えて涙ぐみながらも、
会社の同僚の優しい言葉や気遣いに励まされ、ミスしながらも仕事はしてます。
ここに来てくれているみなさまにもとっても励まされました。

相方も予期せぬお別れに相当心痛めました。

おととい、相方はペットショップのおっちゃんと新しい子について電話で話したそうです。

同じ黒白の子で。
あさりより1週間生まれが遅い子。
そしてまたちょっと今、お腹の調子が悪いらしい。

あと一ヶ月以上、ペットショップで様子を見ながら大きくなったところで、
迎えたいという意志を伝えたそうです。

わたしに相談一つしないことアゲイン。。。。
わたしの気持ちを考慮しないことアゲイン。。。。

「これ以上あたしの中に穴を作らないで欲しいんだけど」と涙ながらに伝えた返事が、

「俺はうさぎちゃん飼いたいんだよ!」・・・・・・・。

わたしもうさぎちゃん大好きだよ。
どこの子もみんなみんな可愛いし、いつまでも元気で、愛されていて欲しいと心から願っている。

でも、このときばかりは、
「おまえ、義父母が住んでる家に出戻って勝手に飼え!!」と思いました。
口に出さないのが精一杯でした。

うちには子供がいない。
アパートだからわんこにゃんこを家族にするのは無理。

相方が初老のわたし以外のかわいい子を迎えたい気持ちはわかるの。
わたしも、いつかまた家族を迎えるとしたらうさぎちゃんがいい。

でも、今じゃない。今じゃないんです。

そしてこの気持ちの違いが言葉のない家庭と化しております。
でも、きっと相方は強行突破しやがると思います。

わたしの気持ちをわかってもらう為に家出という手段も考えました(笑)
でも、うちの両親は田舎だし、仕事休んでクビになったら40過ぎの就活は・・・
ホテル泊まってもウイークリーマンションのお金はどうすれば?・・・と
そんなことを考え、家出決行できずにいます。




スポンサーサイト

| あさり | 19:52 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。