2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ごめんね

あさりへ、今はこの言葉しか出てこないです。

23日は初めてキャベツもかじりました。
ペレットを食べないので整腸剤を砕き、粉にしてキャベツにつけて、
でも、おなかこわすといけないので4センチ四方くらいあげました。
舌をペロペロしながら生まれてはじめての野菜に嬉しそうでした。

夜は6畳のたたみの部屋をえっちらおっちら&ぴょこたんぴょこたんしながら、お散歩しました。
ケージに戻すと、柵をカジカジして「もっと出せーーー」とすごい勢いだったので、
アンコールに応えました。

昨日の朝、「初めてのお留守番よろしくね。仕事終わったらすぐに帰って来るからね」と、
なでなでして出掛けました。

急いで家に帰ってきて・・・。あさりはトイレにうずくまってじっとしていました。
下痢のひどさに驚き、身体を拭いて注射器でジュースを与えましたが、
口は閉じたまま反応しませんでした。 
お水は飲んでましたが、牧草はほとんど手付かずでした。

相方に連絡しましたが、仕事終わってホームセンターに寄り、
あさりの為に、牧草掛けやらかじり木などを購入しており返事が来ませんでした。

相方が帰宅後、時間外でしたがあさりを、たいぞうを看てくれてたお医者さんに連れて行きました。

体温が下がっており、低血糖を起こし始めてました。

便も持って行きました。寄生虫はいませんでした。

細すぎて点滴の針がムリそうなので、腹膜へブドウ糖注射をしました。
このショックで一気にだらりとしてしまいました。
でも、この方法しかなかったのです。

先生は大変難しいことですが、あさりの細い腕の血管に管を入れることに成功しました。
そこから3CC点滴しました。
子犬だと2CCくらいで、回復する子は頭を上げてくれるそうです。

あさりは頑張りました。
息が少し強くなり、鼻をピクピクさせました。
「あさり、頑張れ」とずっとなでました。

「このまま預からせてください」と言われ家に戻りました。

戻って5分もしないうちに、「急変したので来て下さい」と電話がありました。

病院に着いたときにはあさりはもう虹へと旅立っていました。

旅立つ前、自ら伏せの姿勢をとり、「キィ」と一声あげたそうです。
たいぞうも旅立つ直前、今までも聞いたことのないような大きな声で、
「キーー」と二度鳴きました。
うさぎさんは鳴けないけど、亡くなる前に初めてであり最後の鳴き声を発すると言いますが、
お医者さんいわく、気を失う前の叫びなんだそうです。

会社休んでもう一日あさりと一緒にいれば、午前中にお医者さんに行っていれば、
助けてあげられたんじゃないかという思いで、苦しくて涙が止まりません。
元気だからって過信せずに。一時(日曜日だけ)調子良かっただけだったんですよね。

お医者さんからも、お薬と一緒に引き取ってくることはありえないと言われました。
その通りです。

二日しか一緒にいれませんでしたが、たいぞうと同じように悲しいです。

たいぞうはわたしたちの食べるものに全く興味がありませんでした。
あさりは、桃やトマトやバナナや・・・一緒に食べられるかなって楽しみでした。
たくさんたくさん食べて遊んで、あさりに幸せになって欲しかったです。

相方があさりとあたしに謝ってばっかりです。
赤い目をして会社に行きました。
相方のあさりを迎えた喜び、突如訪れた悲しみとショックを思うと自責の念がますますふくれあがります。
わたしは目がお岩さんのようで会社休みました。
今日はあさりと一緒にいます。

あさりはたいぞうのお骨の前で眠ってるようです。

これからお葬式の予約して明日見送ります。

23日のみなさまのコメントのお返事ができなくてごめんなさい。

≫ Read More

| あさり | 10:12 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。